海外進出ノウハウ

海外企業での「社会人インターン」渡航から働くまでの流れは?

少子高齢化などによって日本市場が縮小していくことで、事業の海外展開や海外企業のM&Aなどのニーズが高まり、グローバルで活躍できる人材のニーズが増えてきています。

そんな中、海外企業での就業経験を積み、英語でリーダーシップを取り、交渉ができるスキルを持つ人材を育てるために、海外の企業で実際の業務を体験できる「社会人インターンシップ」を導入する企業もあります。

ところが、どのような手続きで社内の人材を社会人インターンに参加させればよいのか分からない方も多いでしょう。

そこで、社内の人材を海外企業に送り出し就業経験をさせる「社会人インターン」の手続きの流れについて解説します。

社会人インターンシップとは

現在働いている会社に属しながら、他の企業の仕事現場に参加することを「社会人インターンシップ」と言います。

他企業の仕事やサービス業務をただ単に体験できるだけでなく、インターンシップに参加したスタッフが自らの市場価値を知り、新しい特長に気付けるのもポイントでしょう。

普段の業務では出会うことのない人々と協力して業務を進めることは刺激にもなりますし、客観的な立ち位置を把握できて、仕事に対するモチベーションアップを図れるのもメリットです。

また、新規事業を起ち上げる現場経験を得ることができたり、人脈づくりやスキルアップにもつながり、結果的には所属企業の活性化にもなります。

海外企業への社会人インターンシップでは、英語力のブラッシュアップも期待できますので、グローバルに活躍できる人材育成の研修にもつながります。

海外企業での社会人インターンシップの流れ

それでは、具体的に海外企業での社会人インターンの流れについてご紹介します。

渡航前準備について

社会人インターンとして海外へスタッフが渡航する前には、どのぐらいの期間現地に滞在するのか、どの国や企業へ参加するのか検討が必要です。
また、渡航先の国や地域はどのようなところなのか、どんなビザを取得しなければならないか、現地のプログラムにはどのようなものがあるのかも確認が必要な事項です。

現地への渡航費や住居費、生活費も予めチェックしなければなりませんし、書類を揃えて応募し、選考に合格することが求められます。

しかし、普段の業務に加えて海外インターンシップに関する、正確な情報を細かく調べる時間がなかなか取れない場合もあるでしょう。

そんなときは、海外への社会人インターンを斡旋しているエージェント企業などに問い合わせてサポートしてもらうのも方法の1つです。

現地の住居手配だけでなく、必要な場合は語学研修プログラムを提供してくれたりと、活用することでスムーズな海外インターンシップが可能になります。

その他、英語力チェックの面接などに備えて日常会話程度の英語を事前研修しておけば、インターン参加者が渡航後にも積極的な行動をすることができます。

現地の語学学校を手配できるオプションなども、英語力によっては検討してみると良いでしょう。

事前オリエンテーションにおいては、インターンシップの目的などを渡航前に明確にすることで、より良い成果につながります。

渡航後について

空港の送迎については確認が必要ですが、無事に現地へ渡航後は、オリエンテーションやウェルカム・フェアウェルディナーが開催されます。

現地のスタートアップ企業などでスケジュールやプログラムの詳細を実際に打ち合わせして、インターンシップがスタートします。

エージェント企業を通じて参加した場合は、インターンシップ中において、現地プログラムを適切に遂行できているか、設定した目標を達成できているか進捗チェックを随時行い、生活面も含めてサポートを受けることも可能です。

特に、渡航後のトラブルシューティングとしても活用できるのはメリットと言えます。

設定された期間を経た後、終了プレゼン・フィードバックなどで評価ミーティングを行い、帰国となります。

海外インターンシップについて

以上、海外へ社会人インターンシップとして研修派遣する流れを紹介しました。

主に英語力などを鍛える学業が目的の留学とは違い、社会人インターンシップは語学研修に加えて、実際の就業体験を得るのが目的です。

グローバルな視点を持ったビジネスパーソンとしてのスキルを、インターンシップを通じて磨き上げることになります。

そんな海外への社会人インターンシップに参加するには、現地NPOインターンシップという方法もありますが、海外企業へのインターンシップであれば、実際の業務に参加して専門分野の知識や経験などを自社スタッフが活かすこともできます。

さらに、スタートアップ企業であれば新しい最先端技術や手法などに触れることで、帰国後に新規事業や海外進出においても、リーダーシップを発揮できる人材へと成長できることでしょう。

ドイツのベルリンに拠点を置くbistream/バイストリームでは、欧州のスタートアップ環境にて、実践型インターンシッププログラムを日本企業に提供しています。

このようなサポート企業を通じて、海外企業への社会人インターンシップを検討してみてはいかがでしょうか。

bistreamに相談する