海外進出ノウハウ

グローバル化・海外進出で成功する日本企業の3つの特徴と事例

日本は今、少子高齢化に伴って人口減少が続いています。国内のマーケットが縮小しているので、海外進出を視野に入れて準備を進めている企業も多いでしょう。

しかし、文化や価値観が異なる海外で、日本と同じ方法で成功するのは非常に難しいことです。では、海外進出で成功するにはどのような点を心がけたら良いのでしょうか。そこで今回は、グローバル化・海外進出で成功する日本企業の特徴と事例をご紹介します。

グローバル化・海外進出で成功する日本企業の3つの特徴

すでに海外進出して、大きな成功を収めている日本企業の共通点は何でしょうか。

①:事業をサポートしてくれる現地パートナーを用意する

その国に対して何の知識もない日本企業が、いきなり海外進出をして製品やサービスを現地に根付かせるのは困難です。

そこで大切なのは、現地企業や個人をパートナーとして囲い込むことです。

連携してくれる現地企業を探すには、海外の展示会に出展したり、現地の販売代理店を利用したりする方法があります。

展示会では、製品やサービスに興味を持っている企業が集まります。現地企業との連携だけでなく、他の企業のサービスや製品を偵察して自社製品に活かせる学びを得られる機会にもなるでしょう。

②:ローカライズ戦略を徹底して練っている

「日本で成功したら、次は海外!」そう考え、日本と同じものをそのまま海外で売ったところで、現地のニーズに応えらるとは限りません。

海外進出を成功させるには、進出する国の文化や商慣習に沿って戦略を立てる必要があります。

また、大切にしたいのが、エリアで一括りのイメージを持ちすぎないことです。
日本国内でも地域によって文化が異なるように海外でもエリアによって文化が異なる場合があります。実際に現地に足を運び、自身の目と耳で正確な情報を集めて、市場を獲得しましょう。

③:素早く戦略を修正していく

しっかりと情報収集して綿密な戦略を練ったとしても、実際に事業を始めてみないと分からないこともたくさんあります。

事業を始める前に手に入る情報は、ほんの一部。人々の興味や流行は目まぐるしく変わっていくので、数回、現地に足を運んだだけでは見えてこない実情もあるでしょう。

海外進出を成功させるには、現地のリアルな情報が把握できて「今のままの戦略では上手くいかない」と分かったら、素早く修正していかなければいけません。

現状に合わせて柔軟に対処するためには、自社ブランドへ過度な自信を持ちすぎるのはNGです。大企業だと意思決定に時間がかかることもありますが、現地で事業をスタートしたら素早く軌道修正して、トライアンドエラーを繰り返しましょう。

日本企業のグローバル化成功事例3選

では、実際にグローバル化に成功した日本企業はどのように進出を進めていったのでしょうか。グローバル化成功の実例を見ていきましょう。

①:スズキ株式会社

自動車会社のスズキは「インド進出のパイオニア」と呼ばれており、海外進出で大成功した日本企業です。

人口が増加しているインドの乗用車市場は、どんどん成長を遂げています。そんなインドにいち早く目をつけ、自動車生産を始めたのがスズキ。スズキは日本では後発の自動車メーカーだったため、「どこかで一番になりたい」と海外進出を視野に入れたのがきっかけでした。

スズキが海外進出した1970年代当時、インドでは自動車産業の発展のために自動車先進国のパートナーを探していました。スズキはそこに名乗り出ることで、現地とのコネクションをつくり、大きなチャンスを掴むことができたのです。

当初は中国とアメリカにも注力していましたが撤退し、インドに集中する戦略を取っています。その結果、2018年時点でスズキは自動車大国であるインドのシェア50%を勝ち取りました。

②:株式会社TTNコーポレーション

株式会社TTNコーポレーションは、創業80年の老舗畳店です。夜中の畳替えの依頼にも対応できるよう24時間体制に変更したことをきっかけに、大幅に業績を伸ばしました。更に畳を広めるため、海外進出を視野に入れ始めます。

当初のターゲットとしてアジア市場を考えていたものの、反応が弱いためにヨーロッパに転向します。まずはパリの展示会を視察し、海外担当チームに商社からのスタッフを迎えて海外事業部を立ち上げました。

ヨーロッパでは人工い草でスタイリッシュな商品の反応が弱かったため、本来の天然い草製品で「THE TATAMIFACTORY SINCE 1934」商品シリーズを作りました。和とデザイン性を備えた商品は非常に評判が良く、成功を収めます。状況に応じて柔軟に戦略を修正していったことが成功の鍵でしょう。

③:貝印株式会社

貝印は、明治41年に岐阜県関市にて創業された刃物ブランドの会社です。当初はポケットナイフを作る会社でしたが、昭和31年には既に貿易部を設立し、海外に刃物類の輸出を開始しました。

1980年、ドイツ・ゾーリンゲン市に現地法人 kai cutlery (Europe) GmbH を設立します。当時欧米では、ドイツの包丁が主流でした。そのドイツの中でも最も刃物づくりで有名だったのが、ゾーリゲン市です。

すでに手強い競合がひしめき合う地にわざわざ法人を設立したのは、自社の技術に自信があり、かつ現地の企業から学ぶ柔軟性を兼ね備えていたから。

その後開発された包丁ブランド「旬」は、日本刀のような切れ味で評判となり、欧米を中心に400万丁を売る大ヒット商品となりました。

ベルリンの現地スタートアップでの研修を通じて海外事業をリードする人材育成をおこなう方法もある

今回は、グローバル化・海外進出で成功する日本企業の特徴と事例をご紹介しました。
グローバル化・海外進出で成功する秘訣は、現地企業と連携するなどしてコネクションを作り、現地の情報を入手ししっかりと戦略を立てること、柔軟に軌道修正することです。

海外展開する日本企業の支援をおこなうbistream/バイストリームでは、ドイツ・ベルリンにある現地スタートアップでの就業体験を通じた、海外事業展開をリードする人材育成プログラムを提供しています。ご関心がある方はこちらまでご相談ください。

bistreamに相談する